前へ
次へ

いい歯医者を選ぶコツとは

歯は子供の時から高齢者になるまで非常に重要な存在になりますが、毎日の食事による影響で歯にダメージが蓄

more

歯医者の領収書に書いている謎

歯医者へ行って治療されるとお金を払って領収書を渡されます。しかし歯医者で出てくる領収書は一般の小売店

more

定期的に歯医者に行って検診を受けること

歯は、とても重要なものです。食べ物を噛むために必要ですし、話をする際にも必要です。ですので、歯がなく

more

歯医者における神経を抜く治療

歯医者における虫歯の治療方法は虫歯の進行度合いによって変わります。その中のひとつに神経を抜く治療があります。歯一つ一つにも神経があり、神経や血管が集まっている部位を歯髄と言います。神経を抜くということは、この歯髄を取り除く治療となります。歯の組織の中で歯髄はエナメル質、象牙質の下に位置しているので、歯髄を除去しなければならない虫歯は比較的進行していると言えます。歯髄が虫歯菌によって攻撃されるとズキズキとした痛みを感じます。人によっては夜眠れないことも珍しくありません。私も経験したことがありますが、歯の痛みから何も食べることができず、頭痛まで起こりました。歯髄は歯を生かすために欠かせないものですが、痛みが起きていてはどうしようもないので、やむを得ず除去するという方が正しいです。歯髄を除去した歯は痛みなどを感じることができなくなります。歯髄を除去する治療においては専用の器具を使用して取り除いていきます。爪楊枝のような細い器具を入れて削るようなイメージです。ただ、それだけで終わりではありません。痛みを感じる部位を取り除いたので、虫歯菌に感染したとしても何も感じることができず、処置が手遅れになるリスクがあります。これを防ぐために感染予防を行います。そのために歯髄を除去したあとに歯の内部を洗浄したあとに薬剤を詰め込みます。これを根管充填と言います。治療は根管充填で一通り終わりとなりますが、歯髄を除去した歯は寿命が短くなる傾向があります。根管充填を行ったとは言え、感染のリスクがなくなったわけではありません。また、他の歯と比べて割れやすくなるので、強い衝撃にも注意する必要があります。歯医者においても神経を抜く治療に関してはできるだけ行いたくないのが本音です。理想は早い段階で治療を行うことです。そのためには毎日の歯磨きに加えて、定期的な検診を受診することがポイントであると言えます。また違和感があれば早めに歯医者に行くことも大事です。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren2set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top